松浪千壽アメリカ公演は、アメリカのJapanese Cool(日本の真に良いものを世界に紹介する事を目的とした非営利活動法人)が主催をして2017年10月28日と11月1日にポートランドとシアトルにて上演予定です。皆さまのご支援に心より感謝いたします。

Japanee Cool 代表 藤原裕子

 

2016 ポートランド公演

 

事業内容詳細

(1) これまでの経過

 これまでは演奏家として活躍していた澤千左子が4年前に松浪流を創設し、家元松浪千壽として 邦楽の真の価値を日本人のみならず海外の方にも楽しみ理解して欲しいとこれまでも様々な場を通して演奏活動をしてきました。ただ西洋音楽と違うと言うだけではなく、そのものの良さ、邦楽の神秘性の理解を広めることに意欲を燃やして現在も活動中。 活動の一環として、2016年8月に海外で邦楽への興味や理解を高めるべく活動の第一歩として、アメリカ ポートランドで公演を実施しました。公演は大変好評で、現地のアメリカ人の中で、邦楽を過去に聞いた事のある人は、邦楽へのイメージを一新させたと言い、邦楽を聞いた事のない人は、魅了されたと興奮して絶賛しました。是非2017年、再度公演をして欲しいと強く要望されたのを受けて、又、2016年の公演で学んだ事や要望された事を踏まえてより効果的に日本の文化理解深め、更に広く多くのアメリカ人に伝えたいと思い、シアトルでも公演をする事を計画致しました。2016年の公演ではポートランド総領事館や日系企業のご支援を頂ましたが、財政的には厳しい状態でした。2017年のポートランド、シアトル公演でも、ポートランドとともにシアトル総領事館や日本とビジネス関係にある企業の応援・支援を受けより広い人に、本当の邦楽演奏を聴いてもらい、日本文化への理解を高めて欲しいと願っています。

 

(2) 公演目的、意義、期待される効果

 日本人の中には邦楽というと、モノトーンな退屈なものというイメージをもっている人もいらっしゃいます。世界の人もこれまでにその個人が接した邦楽が日本の伝統音楽という、ある意味狭い見識の人も以外と多いです。2016年の公演を通して、多くの人が邦楽というものに対する見方が変わった、こんなに美しく愉しめる音楽とは知らなかった、もっと多くの人に聞かせたい、もっといろんな曲を聞きたいという人が沢山いました。そのフィードバックを受けて、もっと多くの人に邦楽のすばらしさを知ってもらうべく、再度、公演場所をポートランドのみならず、シアトルに広げて、より多くの聴衆に向けて公演を計画しました。

海外では、日本の芸術や文化は、日本食に見られるように興味を持った人が多々居る反面、供給されるもののレベルは様々で、その国の文化と混ざったものになっていたり、観客の無知を良い事に、良い加減なものがさも日本の文化の代表として披露されたり見られたりしている事があります。

東京芸大の邦楽科を出て、これまで第一線のプロの演奏家として活躍してきた松浪千壽が幅広いジャンルの邦楽を楽しく、華麗に演奏してアメリカの観客に聞かせる事は、真の日本の文化を伝える事、そして、それを通して日本の文化や日本に対しての理解や興味が深まる事を期待している。

 

(3) 松浪千壽の簡単なプロファイル

詳細はhttps://sites.google.com/site/1000chisakoを見て頂きたいと思いますが、最近の活動を抜粋しました。2015年のNHKの朝ドラ「あさが来た」以来、これまでの古典音楽のプログラム以外に、ドラマで邦楽器を演奏する俳優さんの指導・監修のみならず本人も出演する機会が増えてきました。今年の10月から始まるNHKの朝ドラ「わろてんか」でも指導・監修、そして出演する予定です。

東京芸術大学卒業

松浪流創流 家元となる

2009年―2013年 片岡愛之助丈の松竹システィーナ歌舞伎に作曲、演奏で参加

2015年 NHK朝ドラ 「あさが来た」ヒロインを含め5人の出演者に筝曲、三味線指導・監修、自身も出演

2016年 アメリカポートランドにて「松浪千壽 和楽器による神秘の世界」を公演

2017年 NHK朝ドラ 「わろてんか」 三味線指導・監修、自身も出演

NHKTV, NHKFM 民放にも出演 海外公演にも多数参加